<< 電撃PlayStation】待望の『PS | main | 西武監督に伊原春樹氏が復帰へ 11シーズ >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.10 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    CING(シング)が倒産

    0
      女性には生まれながらに2つの魅力があると思います. 桜桃のように人を生まれ変わらせる魅力と、タンポポのように我慢強く生きる魅力. そしてこれらは大概の男性には生まれながらには欠けているものであって、生きていく中で愛する女性から教えてもらわなければならないこと. そんなことをふと思わせてくれるような映画でした. 太宰治生誕100周年記念作として作られ、第33回モントリオール国際映画祭にて監督賞を受賞したこの作品. 太宰文学を読破された方ならこの映画が「ヴィヨンの妻」だけを映画化したものでないことをも楽しめる内容になっているとか. でも太宰文学をあまり知らない方でも十分その太宰の世界観を堪能できるのではないかと思います. 一応公式HPなどを見ると放蕩な小説家である大谷が「桜桃」、健気な妻・佐知が「タンポポ」ということらしいので、本来なら最初から最後までこの夫婦がこの映画の主人公であるはずなんですが、前半は佐知に恋する岡田や弁護士になった辻、椿屋夫婦からの視点で語られるなど、不思議と群像劇のような感じさえ受けるんですよね. でもそれは別に主人公夫婦の魅力が薄いからとか、変に脇役を目立たせているとかではなく、この夫婦がそれぞれいろんな人から愛されている. そして映画が進むにつれて、どんなにいろんな人から慕われても大谷と佐知それぞれの一番の理解者はやはり佐知と大谷であることが徐々に浮き彫りになっていく. 特に警察署にご厄介になった大谷に鉄網越しに佐知が愚痴るくだり. ここで佐知の顔がアップになるにつれて鉄網の陰がゆっくりと消えていく演出は、この夫婦の何物にもジャマされない本当に強い絆を感じるシーンでしたよ. このシーンを始めとして終始静かで地味な演出ばかりでしたが、太宰治文学の死を求める苦しさと生を求める繊細さが混在しているという世界観を壊さない丁寧な演出は凄く好感の持てるものでしたね. また「女には幸せも不幸もない. でも男には不幸があるだけ. 」という大谷のセリフや、「生きていてくれさえすれば、それだけでいい. 」という佐知のセリフも男性と女性の根本的な違いを描いていて、凄くいいんですよね. ちょっと大谷に太宰治のキャラを被せ過ぎというご指摘もあれど、男という生き物は本当に繊細で弱い生き物. 愛する女性に叱咤激励されないと奮起して生きていくことのできない生き物. その繊細さを壊さない繊細なセリフが男心を代弁してくれてましたよ. そして「生きる」ということは「誰かのため」の行動であって、「死ぬ」ということは「自分のため」の行動であることを教えてくれるこの大谷と佐知の夫婦像. 佐知がマフラーを盗んでしまったことも、その佐知を大谷が庇ったことも、佐知が椿屋で働くことも、辻が大谷の弁護を引き受けたことも、岡田が国分寺から三鷹まで歩いて帰ることも、秋子が大谷を待って酔いつぶれることも、椿屋夫婦が大谷夫婦のために何かと動いてくれたことも、多くの客が鼻の下を伸ばしながら佐知にチップを弾んでくれたことも、そして佐知が大谷のために口紅をしたことも全て「自分のために生きる」ことではなく「愛する人のために生きる」こと. ?ナイキ エアジョーダン1 そのことを要約した佐知の「生きていてくれさえすれば、それだけでいい. 」という最後のセリフ. もうこれだけで十分といった感じでしたよ. やはり太宰文学は時代をどんなに超えて素晴らしい. 特に戦後すぐの頃と同じように希望が持てそうなのに今を生きるので精一杯になりがちの現代にはその素晴らしさをより堪能できるのではないでしょうか. 深夜らじお@の映画館 は松たか子さんの意外と似合う着物姿に少し見惚れてしまいました. 株式会社シングが 破産手続申請の準備に入ったそうです. 主な作品 「アナザーコード 2つの記憶」 「アナザーコード: R 記憶の扉」 「ウィッシュルーム 天使の記憶」 「ラストウィンドウ 真夜中の約束」 「AGAIN FBI超心理捜査官」 ちょっと予想外で色々と考えてしまいますね. 情報元: Gpara.com http://ryrarighlink.jugem.jp/article/cms_show.php?c_id=19333&c_num.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.10 Thursday
        • -
        • 23:27
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM